れいほくスケルトン 自然素材

HOME>自然素材について

自然素材について

自然素材へのこだわり

『自然素材』と聞いて、頭に浮かぶキーワードって何ですか?おそらく多くの方が「体にやさしい」などのイメージが浮かんできたのではないでしょうか。
その通りです。自然素材を使うことは、健康面で大きなメリットがあります。
「どうせ木材部分はビニルクロスや張り物などで隠してしまうから、全部集成材でいいや。」とか、「内装材は格好良ければOK。体に与える影響なんてそれほど大きい差はないでしょ?」とお考えの方も多いのかもしれませんが、実際は、使用建材の種類によって人間に与える影響というのは思いのほか大きいものです。

新建材も最近では有害物質の放出量の少なさによって等級付けが行われ、使用場所によってどの等級以上の建材を使うかなどの規制がかけられ、ほとんど放出されなくなりましたが、それでもゼロではありません。
また、家の中にはどうしても市販の家具が多数存在してきますが、それら市販の家具には現在そういった有害物質放出についての規制がない為、ホルムアルデヒド放散の可能性が高いのです。
しかし漆喰や珪藻土はそれら有害物質を吸収する働きをしてくれます。

また、集成材も呼吸はしますが、無垢で、さらには気候風土(緯度など)にあった自然素材の方が、多湿の夏にはより多くの湿気を吸収し、乾燥する冬にはより多くの湿気をはき出してくれるのです。 家自身が人体に対して有害なものを除去してくれるので、自然素材を使うメリットは非常に大きいと考えています。

今の子供はアトピー、ぜんそくなどのアレルギーに悩む子供達が多いのも、こういった環境が影響しているのかもしれません‥。機械設備に頼りきるのではなく、素材そのものが持つ特性をうまく活かし、住み手が長く健康に暮らせる家でなければならないとヒロセ設計では考えております。